logo

ニュースリリース

水素商材? 水素入浴剤の受注をスタートしました

<商品の特徴>
他社水素パウダーと異なる点は瞬時に反応して水素が発生するように設計されており、
社内結果で 5~7 時間、残存時間を可能としています!
ご提案する水素入浴剤には水素だけでなく炭酸や美容成分も配合しており、相乗効果の高い製品と
なっております。

即時的な効果・他社製品との違いを出したいお客様にとっては画期的な商品だと思います。
商品は小分け分包または業務用のアルミ袋・ボトル形状でも可能です。
フイルムのご提案も小ロットにて OK!効果型水素入浴剤をご検討されるなら、やっぱりT.I.Lab に
相談するしかない!

是非お問い合わせお待ちしております。
 

お問い合わせフォームへ

 

<水素入浴剤の発熱トラブルについて>
昨今、「発熱反応を伴い水素を発生するというプラ容器ケース型入浴剤」の事例がありますが、
水素化(酸化)カルシウムなど火傷を伴う熱が生じる成分は未配合のため、弊社水素パウダーは
安心してご使用いただけるものとなります。
今後も安全性テストを実施していき、より良いものをご提案させていただく予定でいます。

≫ Read More

  2016/10/01   tilab

次世代型紫外線散乱剤「酸化セリウム」配合製品をスタートしました

セリウムとは 18 世紀に発見された希土類(レアアース)の一種。
中東に石油、中国には希土類があると言われており、ハイテク製品に必要不可欠な素材です。
中国は世界最大の生産国であり重要な資源として注目されています。
なぜレアアースなのかというと、貴重な資源であり重要性があるのです。
その重要性が他の物質では代替ができない磁気特性や光学特性に優れており、
化粧品だけでなく電子工学・原子力産業・軍事・最先端産業に使用されています。
レアアースを使用した次世代型紫外線散乱剤は従来の紫外線散乱剤と異なり、油剤の基材や、
補助剤が不要な水ベースへ配合が出来る安全性の高い紫外線散乱剤となります。
使用感は水に限りなく近く製品のベタ付きや伸びの悪さを招くことがありません。
それぞれ UVA 波 315~400nm、UVB 波 280~315nm、ブルーライト 380~500nm と
なり、酸化セリウムの遮蔽(しゃへい)波長範囲は 280~1100nm(*1)で他の素材では得られない
範囲をカバーします。

その他特徴としてアレルギーパッチテスト済みであり高い安全性と光触媒活性がほとんどなく
肌の弱い方でも安心してご使用いただけます。
良いところ尽くしの「酸化セリウム」ですが、留意ポイントとして 2 つあります。

 

(1). 安定性において成分の相性があり、配合実績・ノウハウが重要な成分です。
(2). 化粧水など液体へ配合すると外観色が無色でなく黄色となります。
シコンエキスやビタミン B12 などと同じく色が付きます。ただルースパウダーなどの粉タイプは
白色です。
 
配合製品としましては、化粧水・美容液・ジェルやルースパウダー(*2)などで弊社実績がございます。
小ロット OK・容器も合わせてご提案が可能です。
※1 参考資料 2008 年日本酸化チタン工業会 「ナノサイズ酸化チタンについて」
※2 液体とパウダーで遮蔽範囲が異なりますが従来の散乱剤より広くカバーします。

 

新規製品で UV 対策をお考えの方や、ノンシリコンやノンケミなど効果・他社製品との差別化には
画期的な商品です!是非お問い合わせをお待ちしております!

 

お問い合わせフォームへ

≫ Read More

  2016/09/01   tilab

炭酸ガス配合化粧品をスタートしました

この度弊社では、高濃度炭酸ガスによる効果データを取り、新タイプ製品開発のご提案を
開始致しました。

 

<製品の特徴>
炭酸ガス効果をインターネットで調査しますと「血管拡張、経皮吸収、洗浄、美肌、創傷治療」が
見受けられます。
市場炭酸入浴剤 50~100ppmに対し弊社ご提案炭酸化粧品は 1,400~1,800ppmと高いガス濃度と 
なり、試験評価では刺激性に対する安全性・血流量の増加・美容効果(小じわ・色素班の改善)・他の
成分より高い経皮吸収効果(社内)データが得られています。
基本的にはエアゾール商材となりますが、ローション・乳液・クレンジングフォームで弊社実績が
ございます。
新規製品で入浴剤テーマをお考えの方や、即時的な効果・他社製品との使用感アプローチでの違いを
出されたいお客様にとっては画期的な商品だと思います、「〇〇〇をつくりたい!」など他の製品開発のご提案も可能です。
エアゾールは一般的なロット 5,000 本からとなりますが・・・小ロットでもOK
効果型高濃度炭酸ガスをご検討されるなら、もう T.I.Lab に相談するしかない!
是非お問い合わせお待ちしております。

 

お問い合わせフォームへ

≫ Read More

  2016/07/01   tilab
PAGE TOP